HOME > 旅情報 > 安全対策

安全対策

●貴重品
とにかく身につけないこと。お金は分散して持ちます。時計、貴金属、高級カメラ、キンピカブランドスニーカーなど、いかにも狙われそうなものはやっぱり狙われるのです。アクセサリーなどに使われている金は、本物と偽物の区別がドロボーにもわかるらしく、本物は器用にひったくられることもあるので、5行前へ。また、路上で財布を開けてお金を確認したりしないよう。外からは大金を持っているように見えるのです。両替時にはとくに注意が必要。

●ウエストポーチ
貴重品のありかを示しているだけなので、貴重品携帯用には使用しないこと。

●荷物
置き引きに注意。むやみにその辺に物を置かないこと。

●夜間の車で
窓は開けない。外から何か尋ねられても開けるのは少しだけにして用心。

●カメラ
写真を撮ったらそのつどカバンにしまう方がいい。金めのものは見せびらかすように持ち歩かないように気をつけましょう。

●ホテルで
部屋に置いてあったピンガが半分になっている、とかキャンディーが2つ足りない、とか化粧水がなんとなく減っているということが起こることも。触られて困るものは無防備に置いておかないこと。
部屋の金庫(Cofre)、ホテルの金庫もコソドロ対策にはなります。

●運動靴
履いているものまで狙うブランド物専門のドロボウあり。新品はさけた方が無難。

●ケチャップ/アイスクリーム泥棒
衣服にかけられても拭いてもらったり荷物を持ってもらうなど、とりあわないように。あわてずその場から退避。

●旅行者のための観光警察
万が一のトラブルに対応してくれます。電話(本部)254-3659
サンルイス派出所には日系のおまわりさんが。電話214-0209




Doticon_blk_Home.gifトップ

航空券検索

サービス

現地発着ツアー

   *リオデジャネイロ
   *イグアスの滝
   *アマゾンロッジ
   *パンタナル大湿原
   *レンソイスの大砂丘
   *ボニート川下り

ガイドブック『これがブラジル』

   *アマゾン.com
   *APP Store (Iphone,Ipad)
   *Puboo (10頁試し読み可)

旅情報

   *旅行の心得
   *出入国ガイド
   *現地の交通事情
   *通貨と両替
   *現地マナー
   *安全対策
   *紛失・事故

ビザ申請代行案内

   *観光ビザ
   *商用ビザ
   *労働査証
   *永住査証
   *その他の査証
   *オンライン入力フォーム
   *領事館提出書類の翻訳認証

会社案内

   *会社概要
   *地図
   *プライバシーポリシー

旅行条件

   *手配旅行取引条件
   *旅行条件書
   *標準旅行業約款(全文)
   *特定商取引法に基づく表記

各種フォーム

   *ブラジル入国カード記入例
   *ブラジル税関申告書記入例


お問い合わせ