HOME > 旅情報 > 通貨

通貨と両替

何よりものをいうのがドルの現金。普通の都市では正規ではないながらひそかに流通しています。でも基本は現地通貨のヘアル。レートは毎日動きますから必要な分だけ両替、身の安全のためにも余分な金銭は持ち歩かないことが原則です。

●通貨
2005年現在の通貨単位はヘアル(R$-ヘアル・ヘアイス)。

紙幣の種類:1・5・10・25・50・100の6種類

硬貨の種類:1・5・10・25・50センターボと1ヘアルの6種類
1ヘアルが100センターボとなります。

●両替
市中の両替所、公認の旅行代理店、銀行、ホテル、また日系のおみやげ店などでも扱っています。レートはどこが高いとも低いとも言いがたいけれど、また違うことも確か。差のでたところで大きな違いはないので、神経質にならないで便利さを優先した方が得。また必要な分だけ少額ずつといっても、あまり小額の紙幣は受け付けてくれなかったり、レートが低くなったりという奇妙な現象が起こることもあります。

●レートは?
ブラジルには公定レート(商業ドル)、ツーリストレート、ブラック(闇)レートの3つの為替レートが公然と存在します。一般に人々の間で機能しているのはパラレーロといわれるブラックレート。ただし銀行ではパスポート提示のうえ、ツーリストレートが適用されます(先ほど述べたがそんなに違いは生じない)。その日のレートが出るのは朝11時頃。

●トラベラーズチェック(T/C)の扱いは?
これはブラジルでは相当厄介。市中で両替する場合レートが低いうえ、銀行によって受付けたり受付けなかったり、また発行銀行によっては取扱が複雑をきわめることも。銀行ではさすが世界の常識にのっとり、レートは現金よりもいいものの、結局手数料が引かれると納得のいかないものになってしまいます。結論としてドルの現金が一番割がよく融通がきいて便利なのです。

●銀行
銀行の営業時間は、月~金曜10:00~16:00。外為の扱いは昼前後に時間を限る店もあります。手数料は各銀行まかせで統一されていません。両替には公式な証明書がつきますが、パスポートの提示が義務づけられます。

●チップ
ホテルや空港のポーターには、荷物1個につきUS$0.50程度、メイドにも1泊毎に同額を置く。レストランでは勘定にサービス料が含まれていることが多いが、普通釣銭はそのままボーイに残す。タクシーでは不要だが、待たせたときなどは料金に若干加えて支払う。チップは自分が受けたサービスに対するお礼として、あまり神経質にならず自然に渡せばよい。




Doticon_blk_Home.gifトップ

航空券検索

サービス

現地発着ツアー

   *リオデジャネイロ
   *イグアスの滝
   *アマゾンロッジ
   *パンタナル大湿原
   *レンソイスの大砂丘
   *ボニート川下り

ガイドブック『これがブラジル』

   *アマゾン.com
   *APP Store (Iphone,Ipad)
   *Puboo (10頁試し読み可)

旅情報

   *旅行の心得
   *出入国ガイド
   *現地の交通事情
   *通貨と両替
   *現地マナー
   *安全対策
   *紛失・事故

ビザ申請代行案内

   *観光ビザ
   *商用ビザ
   *労働査証
   *永住査証
   *その他の査証
   *オンライン入力フォーム
   *領事館提出書類の翻訳認証

会社案内

   *会社概要
   *地図
   *プライバシーポリシー

旅行条件

   *手配旅行取引条件
   *旅行条件書
   *標準旅行業約款(全文)
   *特定商取引法に基づく表記

各種フォーム

   *ブラジル入国カード記入例
   *ブラジル税関申告書記入例


お問い合わせ